就活でSNSが見られてる!?今から気をつけたい就活生のSNSの使い方
本当は怖いSNS
最近ではSNS(Facebookやtwitter、LINE等)を使って企業と繋がったり、就活生同士で交流したりするというケースが増えています。
非常に便利なツールですが、使い方を誤ると就活にも重大な影響を与えかねない場合もありますので、気をつけたいところです。
特に個人が特定される状況で使用の場合、公開範囲を制限していないと書き込みが全世界に公開されている状態になります。
どこで見られているか分からないので、そのことを意識して常識的な言動をこころがけましょう!
企業の人事も応募者や内定者を一人ひとりチェックしている例はそれほど多くはないですが、何らかのきっかけで目にすることも多いでしょう。
特に気をつけたいことについて解説します。


企業へのネガティブな発言
「〇〇会社の社員は最悪」「〇〇会社の説明会の雰囲気(対応)悪い」等の特定企業のネガティブな発言には気を付けてください。
このようなネガティブ発言は、拡散しやすいので注意が必要です。
具体的な企業の進行状況報告
「〇〇会社の面接で〇〇を聞かれた」「グループディスカッションのテーマは〇〇」「筆記でこんな問題出た」等の企業の採用に関する項目は企業にとっては機密事項ですので、特に注意が必要です。
また、「〇〇会社から内定!」という報告も、同じ就活生への配慮が必要です。
このような発言を軽々しく行っていると、社内機密を漏らす可能性のある要注意人物と取られかねません。
非常識な行動の書き込み
「今日の面接ブッチしてやった」「企業から電話きたけど無視」等就職活動での非常識な行動に関する書き込みはもちろんご法度です。
それだけではなく、日常生活での問題行動の書き込みには注意が必要です。
仲間内では受けても、世間では通用しないこともあります。
SNSは就活においては、企業と交流し貴重な情報を収集したり、中にはSNSで繋がった社会人と交流し企業訪問をしたりする人もいて、適切に使えば非常に有効なツールですので、きちんと使いこなせば、リテラシーの高さのPRにもなりますのでくれぐれも注意しましょう。
まとめ

就活を始めるまでは友達同士の近況を知るためのサービスとしての利用がほとんどのはず。
ですが、企業も就活にSNSを取り入れ、チェックされることが当然になってしまった今、何も考えずにSNSを利用せずにキチンと考えながら利用していきましょう!

| 就活ノウハウ | 2016,12,13更新
ブラック企業の残業時間ってどれくらい?ブラック企業のリアルを公開
みんな気になるブラック企業問題
就活生の皆さんがきになるブラック企業問題。
ですが一口でブラック企業といっても人によってその定義は様々です。
労働時間が長いからブラックだ!という人もいれば、周囲との人間関係のせいでブラックだと感じる人もいます。
今回はブラック企業かどうかを図る指標として、残業時間の長さをテーマに皆さんにブラック企業の実態をお伝えしていきます。
ブラック企業の多くで見られる残業の実態についてみていきましょう。
サービス残業になっているかどうか
残業を見ていく上で大事なのは残業時間の長さもよりも残業代の支払いがあるかどうかです。
残業自体は、企業が事業を行う上で、商品の納品時期や予期せぬ業務の発生、業務が集中する繁忙期等により発生する可能性があります。
そのこと自体は企業活動においては当然あることで問題はないでしょう。
しかしながら働いた分の残業代が支払われないケースがある場合は問題視した方がよいでしょう。
労務管理体制の問題

仮に恒常的な人材不足が原因で長時間の残業が発生している場合、企業の労務管理の問題が問われます。
これを放置しているような状況では問題視せざるを得ません。
最近見られる例では、少ない人材しか配置されず現場社員の犠牲によって事業を回すことを前提とした収益モデルとなっている企業がその例と言えるでしょう。
見なし残業とは何か

営業社員のような外勤社員は残業を「見なし残業」として、労使協定の元、ある一定時間を残業したとみなして一定額を支払うケースがあります。
その一定時間を超えるとサービス残業と判断しがちですが、これは早計の判断と言えます。
営業のような外勤では勤務を明確に時間で図ることが出来ないため取られた措置で、必ずしも違法とは言えません。
ブラック企業と言われる残業時間の実態
wristwatch-407096_1280
労務管理の不備
そもそも人員配置に無理があるため社員一人あたりの負担が増えることで結果的に残業が長時間に至る例です。
ひどい例では月の残業時間が100時間を軽く超える事例があります。
無理な納期のため
社員の労働時間を考慮せず無理な注文を受けることが恒常化することで、またそのための人員を補填する措置を取らないために残業が長期に至る例です。
こちらもひどい例は月の残業時間が200時間を超える例もあります。
国は残業時間と過労死の関連についてどのような指標を持っているのか
厚生労働省は、過労死についての基準を
発症前1か月間におおむね100時間又は発症前2か月ないし6か月にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強いと評価できる
としており、ここから月80時間の時間外労働が一般に「過労死ライン」ととらえられています。
以上のような事例を見ていると、ギリギリまで人件費を抑えることで利益が確保できる収益モデルとなっている企業で、長時間の残業が発生している可能性があり、またその収益モデルのため残業代も出ずにサービス残業が常態化していると言えます。
まとめ

いかがでしたでしょうか。
ブラック企業と言われる時によく取り上げられやすい「労働時間」について解説してきました。
就職活動する時は実際に自分の働く会社はどれくらいの残業があるのか、しっかりとOB訪問やネット上の口コミを参考にしながらきっちりと判断していきましょう!

| 就活ノウハウ | 2016,12,13更新
今のうちに知っておきたい!2016卒の就活生のスケジュールってどうなってる?
今までと全く違う就活のスケジュール
2016卒の就活生の皆さん、今年から大幅に就職活動の時期が変わるのはご存じですか?
現在の3年生、修士1年生の学生の皆さんはこれまで先輩が行ってきた就職活動のスケジュールとは大幅に変わってしまうので、就職活動を始める際には要注意です。
具体的には3年生、修士1年生の3月からの解禁、採用選考開始は4年制の8月より開始となります。
今回はこれから就活を始める2016卒の就活生の皆さんに今までの就活のスケジュールとの違い、どのように就職活動のスケジュールを立てていけばいいのかを詳しく解説していきます。


そもそもなんで就活の時期が変わったの?
今回の就活スケジュールの大幅な変更には政府と経団連との話し合いによって変更されたという経緯があります。
経団連って何?
→経団連とは日本の代表的な企業、主要な業界団体によって構成されている団体です。就活生の皆さんは”日本の経済発展のために活動している団体”という風に覚えておけば大丈夫ですよ!
近年の就職活動は大学3年生の中盤からスタートし、学生が就職活動中に学業を疎かににしてしまうことが問題視されていました。
政府はそういった事態を改善するために経団連に「大学生は学業を優先すべきだ」という要請を出し、その妖精に経団連が応えることによって就職活動の時期が2016年卒の学生からは4月にスタートすることになったのです。
2016卒就職活動の大まかなスケジュール
就職活動の解禁時期が、従来より3か月後ろ倒しになったことの伴い、就職活動全体のスケジュールは以下のように変わります。
3月〜:大手就職情報サイトがオープン。各企業へのエントリー開始。
就職イベント、合同企業説明会が解禁。大学でも学内合同企業説明会等のイベントを開催予定。
4月〜:各企業が企業説明会を実施
5月〜:エントリーシート提出、選考(筆記試験、グループディスカッションなど)
8月〜:内定出し
現実的には、もっと早く採用活動をする企業も

3月に就職活動が解禁になることで企業によっては3月から会社説明会を実施する会社も現れます。
それだけではなく、ESの提出や筆記試験等も3月中から開始するケースも出てくることが予測されますね。
一応、内定を出し始めるのは8月というルールにはなっているものの、それより早い段階で”内々定”という形で実質的な内定を出す企業も現れます。
現実に夏休みから3月の解禁までインターンシップを実施し学生と接触している企業もありますが、名目はインターンシップでも実際はは採用活動が始まっているという状況です。
2015卒でも倫理憲章のルール上、選考開始は4年生の4月、内定出しは10月以降となっていますが、実際は多くの企業が4月〜5月のタイミングで内々定出しをしています。
早ければ2015卒同様に4月〜5月での内々定も起こり得るでしょう。
2016年卒就職活動は短期決戦
2016卒の就職活動戦線は非常に短期決戦になることが予想されます。
時期が後ろ倒しになった分、企業側では倫理憲章のルールに関わらず優秀な学生を確保する為に、早い段階で内々定を出していきます。
一方学生側でも就職活動が後ろ倒しになることにより「まだ準備しなくていいか」と思う学生と「早いうちに準備しておかないと!」と思う学生でスタートする際に大きな差が付いてしまいます。
企業側も早く準備をしてきた学生を取りたいと思うのは当然ですので、準備をせずに就職活動に臨むと乗り遅れてしまう可能性も非常に高くなります。
大企業は優秀な学生をサッと採用して選考活動は終了!なんてことも起こりえます。
企業の採用活動のピークは数回に分かれる可能性も

一方で大手企業以外の企業は夏以降に採用のピークが訪れる可能性も。
大手・人気企業を中心とした企業群の採用活動早期に集中してきますが、準大手や学生の目に届きにくい一般的には知られていない優良企業、中堅企業等は、夏以降に採用活動のピークが訪れるかもしれません。
まとめ

いかがでしたでしょうか?
就職活動のスケジュールが後ろにずれたからといって学生の皆さんは気を抜いてはいけません。
早いうちに準備を進めて早めに就職活動を終わらせられるように活動していきましょう!

| 就活ノウハウ | 2016,12,13更新
就活生必見!ブラック企業を見抜く8つの方法
みんな気になるブラック企業…..


世間で”ブラック企業”というワードが有名になってきてしばらく経ちましたね。
マスコミでもよく取り上げられて学生の皆さんもどんな企業がブラック企業なのか気になっていると思います。
ただ、「これがブラック企業だ!」という定義があいまいで、その解釈には個人差があります。
インターネット上では、さまざまなブラック企業と言われる企業に関する書き込みがされており、こうした情報を参考にする学生も少なくありません。
インターネット上に書かれている情報が全て真実とは限らず、誇張が過ぎる場合や極めて主観的なものも含まれます。
ブラック企業を見抜く基準はたくさんあるので、これから皆さんが受ける企業がブラックかどうかはネットの情報に踊らされずにしっかりと自分で調査していきましょう!


その1 事業内容、業務内容がよく分からない
会社のHPや就職情報サイトに載っている事業内容、業務内容がよくわからない場合は要注意です。
普通、就職ナビの企業ページや会社説明会ではどのような事業を行い、どのような業務があるかを明確に説明します。
ですが、中には極めて抽象的な表現で、具体的にどのような事業を行っていて、どんな業務をするのかが全く分からない企業が存在します。
企業規模、会社設立の経緯や将来のビジョン、社内の雰囲気やプライベートの充実などは饒舌に語られるものの、肝心の部分がぼかされてしまっている場合、学生には明示出来ない何らかの理由があるのかもしれません。

その2 従業員数に対して採用予定数が多すぎる
その年の採用予定人数が会社の従業員数と比べて多すぎる企業も要注意です。
そんな企業は早期離職率が非常に高い可能性も….
早期離職率って?
→早期離職率とは新卒が入社してから3年以内に離職する割合のことです。

気になったら過去数年間の従業員数の推移と毎年の採用予定人数を調べてみるといいでしょう。
例えば毎年数百人採用しているはずなのに、従業員数があまり変わっていない場合は早期離職の可能性が高いです。
早期離職は多いということは、待遇面や職場環境が劣悪であったり、そもそも新卒採用を幹部候補として育てる方針がなく、当面の労働力としてしか考えていない可能性があります。

その3 採用フローにおけるやり取りがずさん
通常、採用は貴重な人材を確保するための活動ですから、会社説明会や面接等の連絡は細心の注意を払って慎重に確実に行うものです。
少なくとも将来の人材として考えているのであれば、なおさらです。
こうした企業と学生間のやり取りがずさん(連絡が滞りがち、対応が悪い等)なケースが多い場合、社内での人材に対する認識が高くない場合があります。こうした企業は注意しておく必要があるでしょう。

その4 給料のことをやたらとPRしている
会社説明会で給料が良いことをやたらと強調している企業を見かけます。
働く限りにおいて給料はもちろん重要な要素ですが、あまりに強調している場合は、一歩立ち止まってよく考えてみましょう。
実際は、給与の中でインセンティブ(成果報酬)の割合が多く、ほんの一握りの成果を出した社員の給与例をあたかも誰でももらえるような表現になっていることが少なくありません。
また、残業・休日出勤手当、皆勤手当やインセンティブなどの手当を加算した合計額を表記している場合もあります。
こうした給料をあえて強調している理由として、消耗品のように激務を強いる環境をカモフラージュして、応募者を募ろうとしている可能性があります。

その5 居心地が悪そうなオフィス
オフィス環境は、実際に企業に訪問してみなければ分かりません。
また会社説明会や面接等では会議室等に通されてしまい、実際のオフィスを見ることが出来ないかもしれません。
しかし、一つの指標としてやたらと従業員間の仲の良さや、家族的な関係性を強調しているケースは、なぜわざわざそのことを強調しているかを考えてみる必要があります。
本当に従業員間で信頼関係があり、友好な関係性が保たれているのであれば、それが日常的で普通なことですので、わざわざ強調することもないでしょう。

その6 会社のビジョンが不明確
経営者がやたらと大きな夢や理念を強調しているものの、具体的なビジョンが実はよく分からないというケースがあります。
例えば世界一(宇宙一)を目指す、世界を幸せに!という夢が語られているものの、そのための具体的な方策が抜けているという例です。
一見、耳触りの良い言葉ですが、その夢の実現という名目で従業員に過度な労働を強いるという例を見かけます。
こうしたケースでは、具体的にどのような段階を経て、その夢や理念に向かっていく方針なのかを確かめたほうがよいでしょう。

その7 採用活動に社長しか出てこない
ベンチャー企業などでは採用活動で社長が前面に出ることはよくあります。
一部の極端なワンマン社長体制の企業では、社長の強烈なリーダーシップで会社や社員を引っ張っている反面、社長の考えや方針が絶対的な価値となってしまいがち。
結果として社員が振り回されたり、無理に無理を重ねる状況になったりといったケースもあります。

その8 やたらと早く内定を出す
内定出しまでの採用フローが極端に早いというケースがあります。
極端な例では会社説明会が終了したら、その場で内定が出たということもあります。
このような、どこを見て評価されているのか分からない例では、よほどのことがない限り入社が決まり、実際に勤務が始まってから、数名でも残ってくれればよいという方針で採用されているケースもあります。
この場合は勤務状況も過酷なため離職率が高い可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?
8つのポイントをまとめてみましたが、これはあくまでもブラック企業の傾向として多いというシグナルとして考えてください。
もちろんシグナルがあるからと言って即ブラック企業というわけではありませんが、これを知っているのと知らないのとでは、その後を大きく左右すると思います。
大学を卒業した後に最初に就職する会社はとてつもなく大切です。
社会人としての第一歩を踏み出す時にブラック企業に入社してしまわないようにブラック企業の見抜き方はしっかりとおさえておきましょう!

| 就活ノウハウ | 2016,12,13更新